売買堂が選ばれる理由

木彫りの阿弥陀如来仏像を買取しました。【京都市左京区】

買取品詳細

ジャンル


骨董品、仏像、阿弥陀如来、陶磁器、掛け軸、額、絵画、日本画、洋画


買取方法  出張買取


お住まい  京都市左京区


最寄り駅  修学院駅


スタッフからのコメント

京都市左京区にお住まいのお客様から、メールにてご連絡を頂き、阿弥陀如来仏像・その他骨董品の出張買取に伺いました。

今回のお客様は、ご実家を売却することとなり、遺品整理・片付けの最中とのことで、買い取れる物は買取ってほしいとのことでした。お電話にて、おおよその内容をお聞きすると、仏像の他にも色々と額に入った絵や掛け軸、陶磁器などの骨董品もたくさんあるとのことでした。

お約束の日時に、お客様のご自宅に到着し、査定・買取をご希望の物を見せてもらうと、まず目に入ってきたのは阿弥陀如来像でした。一度、家がボヤで火事になった際に、この仏像も表面が焼けてしまったとのことでした。確認するとたしかに全体に焼け跡がありましたが、もちろん買取自体は可能であることをお伝えしました。その他、額絵が多く、陶磁器や掛け軸も多くございました。

その後、お客様に、入念に査定をするので一定のお時間がかかることをお伝えし、査定に入りました。仏像は各部位を細かく確認し、由緒や状態も調べます。その他、額絵や陶磁器、掛け軸は材質や作家の有無、共箱・鑑定書などの有無も確認します。

査定が終わり、お客様に買取金額をお伝えすると、思っていたよりも高い金額とのことで快諾頂き、買取をご希望のもの全てを買取させていただきました。

そんな今回の骨董品買取の中から、ご紹介したいお品は「阿弥陀如来仏像」です。

阿弥陀如来は、極楽浄土の主であり、如来の一つです。如来とは、サンスクリット語のタターガタ(tathāgata)「真実から来た者」の和訳をいいます。多々ある仏の中でも、最高の境地に達した存在であり、最高位にあります。

仏教が成立した当初においては、釈迦像のみでしたが、大乗仏教の成立に伴い、釈迦像以外の如来像も現れました。

如来は、さとりを開いた釈尊の姿を表すので、大日如来を例外として釈迦と同様に一枚の衣を纏うのみで、装飾品は身につけないのが基本の形となります。頭部は、頭頂部が膨らんだ鏡餅のような形でになっており、これを肉髻相(にっけいそう)あるいは頂髻相(ちょうけいそう)と呼びます。

如来の一つである阿弥陀も釈迦と同様に、元々はインドの王子であり、四十八の大願を立てて、修行の末に如来になったとされています。その大願の中には、「念仏を行い信仰する者は必ず極楽浄土へ行ける」と説いており、この説法が阿弥陀信仰が盛んになった大きな理由です。また、西方極楽浄土の教主で、「無量寿如来や「無量光如来」とも呼ばれています。

今回、買取させていただきました阿弥陀如来仏像は、イタミ・損傷がある程度ございましたが、時代物としての造形美を感じられるものであり、良きお品でした。その他の絵画、骨董品につきましても一部は作家物もあり、全体で高額買取できました。多くの骨董品を買取させていただき、お客様にも満足して頂き、大変ありがたい買取となりました。

売買堂では、古本、古書・骨董品の高価買取をしております!どこよりも高く買取りします!買取実績多数ございます!まずはお気軽にお問い合わせくださいませ