売買堂が選ばれる理由

鈴木鎮一全集などの古本を買取しました。【滋賀県草津市】

買取品詳細

ジャンル


音楽関連書籍、滋賀の歴史書、滋賀の観光書、事典、単行本


買取方法  出張買取


お住まい  滋賀県草津市


最寄り駅  草津駅


スタッフからのコメント

滋賀県草津市にお住まいのお客様からお電話にてご連絡を頂きまして、古書・古本の出張買取に伺いました。

今回のお客様は、長年趣味で集めた本で本棚がいっぱいになってしまい、特にその本を読む機会も無くなったため、処分して本棚を綺麗にしたいとのことで当店に買取のご依頼をしてくださいました。

お客様のお宅に到着し、買取を希望されている本を見させていただいたところ、滋賀の歴史書・観光書や音楽関連書籍、その他事典や図鑑など様々なジャンルの本がございました。

査定の際に、お客様よりお話をお聞きしましたところ、昔から音楽鑑賞が趣味でクラシックやジャズを中心に、コンサートによく行っていたとのことでした。そのため、今回の本は音楽関連書籍も多く、一部には貴重な音楽書籍もございました。

査定が終わり、お客様に買取金額をお伝えすると、快く承諾を頂けました。音楽書籍には思い入れもあるとのことでしたので、一冊一冊丁寧に見させて頂いての精一杯の買取金額を提示させて頂きました。大変喜んで頂き、こちらとしましても良い取引が出来、満足の結果となりました!

そんな今回の、買取をした本の中からご紹介したい本は『鈴木鎮一全集』です。双柿舎より発行された本です。

『鈴木鎮一全集』は、日本のヴァイオリニストである鈴木鎮一の全集です。

鈴木鎮一は、音楽教育法であるスズキ・メソードの創始者であり、世界的に評価される音楽教育家の一人です。

鈴木鎮一は、1898年(明治31年)名古屋市に生まれました。父は、国産ヴァイオリンを初めて製作し、日本で最初にヴァイオリン工場を設立した人物でした。そのため、鎮一にとってヴァイオリンは幼いころから慣れ親しんだものでした。

17歳になる頃、鎮一は、「トルストイの日記」に出会い強い感銘を受けました。トルストイに人間愛を学び、以後、トルストイの思想を支柱として生きる考えを抱いたといいます。

1921年(大正10年)、23歳の鎮一はベルリンに留学をします。そこで、鎮一は様々な音楽に触れ、経験をしてヴァイオリン、音楽理論の造詣を深めていきました。鎮一のドイツ留学は長期に及びました。後にドイツ人女性と結婚もしてヨーロッパでの永住も考えていましたが、ここで転機が訪れました。

母の危篤と父のヴァイオリン工場の倒産が立て続けに訪れたのです。鎮一は、日本に帰路し、日本での生活を立て直す決心をします。その後、色々な難題を乗り越えつつも、鎮一はヴァイオリンと音楽教育に対する情熱を失うことは無く、音楽に没頭して自らの理論も高めていきました。

そして鈴木鎮一は、世界の評価を得る著名な音楽教育家となったのでした。『鈴木鎮一全集』は、スズキ・メソードを余すことなく教示してくれる良書です。音楽家の方や、ヴァイオリン演奏家の方が読む上で勉強になるだけではなく、哲学書としても通じる良書であると思います。興味をもたれた方は、一度手に取られてはいかがでしょうか。

売買堂では、様々なジャンルの古本や、音楽資料本、楽譜なども高価買取しております!大量買い取り大歓迎です!滋賀の買取実績多数ございます! 
まずはお気軽にお問い合わせくださいませ